〜月例句会会場〜

俳句飄遊

アクセスカウンタ

画像

zoom RSS 8月句会「結果」

<<   作成日時 : 2016/08/07 18:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

  第47回 8月句会「結果」

画像

※次回9月句会は2句出しで
8月31日(水)午後5時投句締め切り
選句は9月7日までの一週間です

特選句 選評集

1.心象の襞より生れし螢かな(英和)
【松本龍子さん評】
一読、発想の意外性がある。脳内イメージの壁から
蛍が生まれてきたようだという句意。小さな蛍の明滅と
動きの中に、作者の心の中の「光」を見た驚きが
一句自体に表れている。「心象の壁」が効いている。

2.かき氷くずす先から常世かな(雅城)
【五島高資さん評】
かき氷を崩す刹那に永遠を洞見する詩境に感銘した。

8.一閃の雷を纏ひてフラメンコ(直)
【加藤昌一郎さん評】
名優の舞うフラメンコのように完璧な句の姿。
素晴らしいです。

【星人評】
流線を描く衣裳の裾。
その裾の動きを置き去りにするダンサー。
肉体にまとった躍動を「雷」とした感覚に好感。

11.蜘蛛の巣の油じみたる真昼かな(昌一郎)
【石田桃江さん評】
真昼の暑さに油じみの蜘蛛の巣となっている。
ネバネバ、ベタベタ、身近によく見る蜘蛛の巣。
顔にからまると少々厄介です。油じみの蜘蛛の巣を
想像していただきました。

12.腑に落ちるまで水飲んでいる昼の火事(昌一郎)
【鈴木浮葉さん評】
腑に落ちるまで水飲んでいる昼の火事・・・
腑に落ちるまで、が面白い。そうだったのか!

【服部一彦さん評】
昼火事は鎮火した。現在は出火原因の現場検証中である。
あたりを支配する奇妙な空漠、索漠感、不条理な設問―
出しっぱなしの水道管、それを飲むのは出火元の人ではない、
野次馬でもない。火事自体である。

13.郭公の谺ほどけてゆく五感(星人)
【ゆうさん評】
郭公の声の残響が身体と心に溶けていく感じです。

16.夕焼の底ひを兵と馬の列(星人)
【真矢ひろみさん評】
写生句かもしれぬが、この列は記憶或いは幻影と読む。
夏は昭和、大戦の記憶が蠢く季節。

23.閑かさや飛び立つ前の兜虫(高資)
【山田紗由美さん評】
閑かさやの切れが良く効いている。
静観な中に秘めた思いが感じられる。

25.胸中に空蝉のゐる残暑かな(龍子)
【毬月さん評】
空蝉のなんとも言えない夏の終わりと暑さゆえに時間が
止まってしまったような感覚は、誰の胸にも何気に存在している
のではないかと感じさせる素敵な一句。

26.うつしよのひらひらとあり片かげり(高資)
【大津留直さん評】
季語は片かげりで夏。炎暑の午後など、太陽がくっきりした影を
作ることを指す。その片かげりを選んで歩いてゆくと、現実がまるで
蝶がひらひらと舞っているように思えてくることを言って、
炎暑によって研ぎ澄まされる鋭い感性が感じられる。

【高橋雅城さん評】
盛夏にして生命感に充ち満ちているはず。
季節の盛りはどこか死せしもの、死にゆくものにうらうちされている。
そうして夏の終わりは弔い事の事始めなのに違いない。
生の豊饒さをどこか人はその身をもって、我がものとできないでいる。
今日の実社会のきな臭さよりもっと本源的な、
死の記憶をたどりなおす季節であるに違いない。

29.空蝉の万を割りて虚空とす(ひろみ)
【加藤直克さん評】
諸行無常を一言で言い表せば、こういうことだろうか。
空蝉は「うつしおみ(現し臣→現人)」が転じたとされる。
空蝉は割るまえからすでに割れており、虚空なのである。
しかし煩悩はそれを認めないし認められない。
だから「割る」という行為を繰り返す。
それ以外に虚空に出会うすべはないからである。

【於保淳子さん評】
長い長い地下生活のあと、やっと地上に出て
脱皮して飛んでいく蝉の生きるエネルギーと、あとに
残された抜け殻という過去のものの軽さ。そこに人の世の
はかなさを思い、その心を重ね合わせてあらわしているのでしょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 5月の蝶ぞろぞろと星食ひにくる牛蛙(龍子)
俳句スクエア月例句会会場
8月句会「結果」 俳句飄遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる