加藤直克さんの小走り

顔細き犬小走りに初時雨  加藤直克(『葆光』より) 雨は「水の循環」の過程のひとつです。 山に降った雨が沢から川に流れ海に出ます。 やがて雲となって再び山に雨をもたらします。 地下水も湧水となってめ…

続きを読む

浦川聡子さんの枯蓮

いつさいは天上にあり枯蓮   浦川聡子(『眠れる木』より)秋時雨のなか晩秋の池を見てきました。 すぐに聡子さんのこの句が浮かびました。 「天上」という言葉には、 「空の上、この上もない、天…

続きを読む

秋バラ観賞会

公共機関から車椅子を借りて 10月17日、仙台市農業園芸センター(若林区荒井)の 「秋バラ観賞会」に出かけました。

続きを読む

空中神殿

no image
飄遊とは「目的もなくあちこち旅して回る、うろつきまわる」ということです。といっても遠出もできずにおります。実際に魅力的な風景を堪能できたらどんなにか楽しいことでしょう。可能なのは脳内散歩くらいです。…

続きを読む

画像 【おすすめの3冊】 俳誌『むじな』、 大島雄作さん『一滴』、蓬田紀枝子さん『黒き蝶』を読んでみてください。(星人)