〜月例句会会場〜

俳句飄遊

アクセスカウンタ

画像

zoom RSS 2月句会「結果」

<<   作成日時 : 2015/02/07 17:13   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2月句会「結果」
画像

※次回3月句会は2句出しで
2月28日(土)午後5時投句締め切りです
選句は3月7日までの1週間です


 
特選句 選評集


5.凧たいくつだけが知っている(雅城)
【五島高資さん評】
凧揚げをしている時は夢中で楽しいが、
その思い出は「たいくつ」している間に
こそ熟成されるのかもしれない。

7.通し矢の的は眩しき宇宙かな(毬月)
【朝吹英和さん評】
的が象徴するものへの想像と「眩しき宇宙」
との共鳴が新鮮な一句。

【星人評】
 通し矢は、三十三間堂(京都蓮華王院)の西側の軒下を
南から北に矢を射通す競技。的は当然60メートルの先。
競技会の華は成人女子の部。皆さん晴れ着姿で競技に挑む。
凛としたその立ち姿は正月ならでは。
魅力的な措辞「眩しき宇宙かな」からは次々連想が膨らむ。
〜〜
的も穴だらけになるだろうが、矢が何本も走る空間も
傷だらけになる。その傷の穴からは時々宇宙が覗く。
ずらりと並ぶ1001体の観音像のうち、
毎年何体かはこの穴から宇宙へ出ていく。〜〜

10.語るべきこと何もなし日向ぼこ(浮葉)
【石田桃江さん評】
こころの内は満たされており何も語るべきこともなし
ひたすら太陽のひかりにつつまれて至福の時を
過ごしている、このような境地になりたいと思いました。

11.遠き日や風花の舞ふ滑り台(英和)
【毬月さん評】
晴れた日にふと公園を散歩していた作者は、
雪がひらりと舞い落ちてきた微妙な時間に過去を思い出す。
風花と滑り台が時間を戻してくれる役目を果たしている。
そんな冬のワンシーンが素敵な一句ですね。

12.酢海鼠や死者と一献交はしけり(英和)
【石川順一さん評】
季語は「酢海鼠」。状況が鮮明で、尚且つ、シュールな感じも
混じって居る。その絶妙な混淆がこの句の魅力かと。

14.うすらひの内なる姫の目覚めかな(直)
【加藤昌一郎さん評】
美しい言葉だ。王朝時代の双紙でも読んだ気持ちです。
うすらひの中に微かに見えた春の兆しを、こんなに美しく、
寡黙に表現できる俳句の凄さ。脱帽です。

【真矢ひろみさん評】
うすらひという言葉の持つ力を駆使して、
様々なストーリー・物語を想起させてくれました。
うすらひの魅力とは、内に姫が寝ていたためかと
なぜか納得。

17.太陽の後ろの暗さ福寿草(直克)
【服部一彦さん評】
オレンジ色に耀く太陽の光背面は誰もうかがいしれぬ世界。
福寿草というお目出度い象徴を取り合わせることによって
不気味さが増強される。

23.背伸びして芭蕉枯れたる欠伸かな(高資)
【加藤直克さん評】
いろいろなコンテクストを想像できるが、どれも当たって
いるようで当たっていない。しかし句を貫いているものは、
伸びやかさの中に感じられるユーモアである。
どこか人を馬鹿にしたようなところも本意ではなく、
まさに自然体なのであろう。
これを軽みと言っていいのかどうか迷うが、
まさに味わい深い出色の句である。

24.白魚のいろはにほへとちりぬるを(龍子)
【生田亜々子さん評】
白魚のしなやかさとかな文字とが通じている。
さながら美しい筆文字のような。

27.寒月よ「サウイフモノ」にもうなれぬ(星人)
【鈴木浮葉さん評】
雨にも寒さにも負け続けサウイフモノになれなくても
いいと既に自分を甘やかしていた私。忸怩、です。

【松本龍子さん評】
一読、詩情を感じる句である。
宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」の中に
「サウユウモノニ 私はナリタイ」という、フレーズがある。
「私はなりたい」という賢治の願望に対して、「もうなれぬ」という
作者の諦観が表現されている。寒中の冴えわたる月を
眺めながら、溜息をつく作者の心情が聴こえてくるようだ。

28.大海の寒星の飢ゑ果てしなし(ゆう)
【大津留直さん評】
大海の上の冬の星の寒々としたさびしさに
果てしない飢えを見届ける感性が鋭い。
この「飢え」は作者自身が生に対して感じているある根源的な
満たされなさをも言い当てているのかもしれない。
とにかく、ここでは「飢ゑ」という一語が句を生かし、
かけがえのない一句としている。

29.少年のばねの弾ける冬芽かな(星人)
【高橋雅城さん評】
「素足の少年の足?」とふと思った。
短いトレーニングパンツであっても、
不思議と寒さを感じない。
膨らみきった冬芽が弾けるのもまもなく。
spring (春、ばね)よ来い。
(明日は節分、という日に)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像 5月の蝶ぞろぞろと星食ひにくる牛蛙(龍子)
俳句スクエア月例句会会場
2月句会「結果」 俳句飄遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる