〜月例句会会場〜

俳句飄遊

アクセスカウンタ

画像

zoom RSS 2月句会「結果」

<<   作成日時 : 2014/02/07 18:30   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

※次回3月句会は2句出しで
2月28日(金)午後5時投句締め切りです
選句は7日までの1週間です


 
特選句 選評集





1.堤焼くおおかたは古稀前後かな(桃江)

【石川順一さん評】
季語は「堤焼く」。
野焼きの風景は郷愁を誘うのかもしれません。
この句では内容と形式の結合が
非常に好ましく感じられました。
事実のままだと思うのですが、
こう言った幸福な接合をなす形式と内容であれば、
内容には拘らずに選べるかなとも思いました。
よっぽど極端に忌避する内容では無い限り。



2.一番寒むそうなフランスパン択ぶ(昌一郎)

【生田亜々子さん評】
思いもよらぬ表現が生むユーモアに
想像を強く掻き立てられる。
並ぶものの中でも寒そうなものを
選択するのはなぜ?
今度パン屋に行った折によく見てこようと思う。



【高橋雅城さん評】
フランスパンというもの、
店であるいは街路で売られているものは冷たくて堅い。
フランスパンの堅い質感を寒さと類比したところが
この句を成功せしめている。
一番寒いフランスパンを買った人、
おそらく若い人の、孤独さや、
あるいは一人であることへの矜恃を感じさせる句である。
フランス−パンの句またがりは
非常にスマートにおさまっている。




5.死はそこにありつつ紅し寒椿(直)

【鈴木浮葉さん評】
紅い落ち椿が雪の上に。
なんて印象的な美しい死だろう。



【朝吹英和さん評】
花弁が散るのではなく花ごと一気に落ちてしまう
椿は突然死を連想させる。何時落ちるかも知れない
寒椿の紅色が鮮烈な印象を与える。



【松本龍子さん評】
一読、真っ白な雪に花咲く「血」が見えてくる。
作者は出会えない死者をイメージしながら
いや感じながらコミュニケーションしている。
あえて「紅し」と表現したことで肉体の「温度」
まで感じられる。




15.大地抱きしめむと降(お)り来る冬銀河(浮葉)

【加藤昌一郎さん評】
壮大なスケールに驚く。
何時も仰がれている銀河が、地球(多分)を
抱きしめるために降りて来ると言うのだから。
銀河は仰ぐものという常識が完全に無視され、
宇宙がこの作者の創造物になってしまった。
ただ、あの遠い処から銀河がやってきたら、
この銀河宇宙は瓦礫の山になるのが心配っだ。
僕のためにももう10年ほどは待ってほしい。




16.冬銀河果てて国旗の忘れ物(一彦)

【五島高資さん評】
国という概念は時代と共に大きくなり、
ついにはあまり大きくなりすぎて
消えてしまうのかもしれない。
たしかに天国には国旗など必要ないような気がする。




20.チェンバロのトリルつまずき月冴える(直克)

【毬月さん評】
トリルのリズミカルな動きにややミスタッチがあり、
そんな時、寒々とした月が窓越しに覗いていた、
月と音楽のつながり、それをつなげる人間の優しさを
感じる俳句だと思いました。




21.生きているものありて窓曇りけり(昌一郎)

【加藤直克さん評】
寒い夜、通りすがりの家の窓からぼんやり
明かりが漏れてくる。見るともなしに見ると、
ガラス戸が曇っている。中には「生きているもの」の
息吹というか営みがあるのだろう。
ここで、そこに暮らしている住人とか
家族と言わないところで、
生な感覚と感動が伝わってくるような気がする。
おそらくは人間だけでなく、犬、猫、兎、それから
鉢植えの植物など「生きているもの」の
バラエティは豊富なのだろう。
どこか懐かしいにおいのする句である。



【服部一彦さん評】
最初読んだときはリズムが悪くてダメ、とおもった。
二度三度と読み返すと、なるほどから親和感、
命の愛おしささえ感じるようになる。
これは句に内容があるからだ。



【星人】
句会の番頭だから知り得ることなのですが、この句
最初は「生きているものいて窓曇りけり」と投句され、
数日後、掲句の通りに訂正されました。この訂正、
単に中六の音数を直したものではありません。
それならば「生きているものいて窓の曇りけり」で
いいのです。「生きているものありて窓曇りけり」と
「いる」を「ある」として作者の立ち位置を浮遊させ、
窓に普遍性をもたせました。
この直しで句に思想性が生まれました。




23.磐座に天の発ける椿かな(高資)

【大津留直さん評】
神のための降臨の場となっているかなり
高山の頂の岩場を覆っていた霧雲が晴れると、
真紅の花を咲かせている椿が現れたのだ。
天自らが霧を払って椿を現出させる神秘的な
光景を思い描かせる一句である。



【石田桃江さん評】
磐座に椿が目に留まった。その椿の花は
天から使わされた気品のある美しい椿のようだ。
磐座と天と椿の表現に椿の精が
立ち現れるようです。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像 3月の蝶まっさらのルーズリーフを開き春 雅城
俳句スクエア月例句会会場
2月句会「結果」 俳句飄遊/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる